ロールスクリーンの選び方にも注意がある~後悔しないために大切なこと~

多くの人に人気があるロールカーテンの魅力を徹底追及

レディ

ロールスクリーンの魅力

ロールスクリーンは付属しているコードを使ってロールした布を巻き上げる又は引き下げるようにして使うカーテンです。ロールカーテンに使われている布は布がかさばらないようにできています。また面がフラットなっているので開閉時にかさばらないような造りになっています。開閉にはスプリング式とチェーン式の2種類がありますがスプリング式ならコードを少し引くだけで自動的に巻き上げることができるので人気があります。また柄に凝ると雰囲気が変わるのでインテリアに変化を付けたい場合にもおすすめです。

失敗しないロールスクリーンの選び方

失敗しないロールスクリーンの選び方で一番重要なのは、まずは測り間違いしないことです。窓枠の内側に取付けるのか外側に取付けるのかによってもロールスクリーンのサイズがちがってきます。これは取付け金具の違いによってサイズが違ってくるからです。また窓枠の内側に取付けられないという場合もあります。ご自分の窓枠がどちらのタイプかをまずは判断しましょう。失敗しないためには測り方だけでなく、取付けが自分でできるかもポイントになります。難しい場合は業者に依頼しましょう。採寸をしっかりと行なう必要があるのは、シャンデリアやシーリング照明、ブラケット照明といった照明器具を導入する時も同様です。照明器具はある程度の熱を発生するため、他の家具に影響を与えない程度の間隔をあける必要があります。また、シャンデリアは種類によってはある程度の重量があるため、導入する際には天井の耐久性までチェックしておくことが大切です。

新着情報

カーテンの種類は豊富!注目される3つのスタイル

(1)ダブルカーテン

ドレープと呼ばれている厚手のカーテンとレースのカーテンの組み合わせをダブルカーテンと呼びます。ドレープはヒダや模様によっても色々な表情を演出できます。ドレープは断熱・防音・遮光に優れています。

(2)ロールスクリーン

上部で巻き上げるタイプなので、開口部がすっきり見えます。窓回りだけでなく、間仕切りや収納部分に目隠しとして使うことも可能です。また脱衣所の洗面と脱衣の空間を間仕切りしたい時にも便利です。

(3)ブラインドタイプ

ブライドは何枚もの羽(スラットと言います)が組み合わさって作られています。この羽の材質によってかなり質感や見た目が変わります。ウッドブライドなら重厚感や存在感、アルミブラインドならモダンでシャープな印象を演出できます。

サイズを正しく測ってから購入!

カーテンを取り付ける場合はオーダーカーテンでも規制品でもしっかりサイズを計ってから購入しましょう。特にオーダーカーテンを依頼する場合は、正しく測ることが一番重要です。測り方を間違えると取り返しがつきません。

[PR]シャンデリア販売の専門店
重厚感のあるデザインが満載☆

[PR]ロールスクリーンは通販サイトで買うべし!
好みのアイテムを探そう

[PR]マンションのインテリアコーディネート例を紹介
デザインをチェック☆

[PR]ベッドは専門の通販サイトで買おう
製品を持って帰る手間が省ける☆

[PR]机を数多く販売中!
インテリアに合った商品を探そう♪

広告募集中