好みのカーテンデザインはオーダーカーテンの注文が便利

オーダー製品は既製品と異なる~オーダーカーテンの特徴を把握しよう~

既製品とオーダー製品の違い

既製品はサイズが決まっている

既製品は手軽で安いという魅力があります。その一方でサイズが決まっているので窓枠に対してぴったりなサイズでないこともあります。オーダーカーテンならサイズを指定することが可能です。

オーダーカーテンならカスタマイズ可能

取付けたい部屋にいつもと違う空間を作りたいならオーダーメイドのロールカーテンを付けることができます。オーダーメイドは本当に自分の好みやセンスを徹底して追及することが可能です。

好みのカーテンデザインはオーダーカーテンの注文が便利

室内

オーダーカーテンの注文方法

通常のドレープタイプのオーダーカーテンを注文する場合は、カーテンの用途を考えてみましょう。居間などの中心的な部屋に設置する場合はデザイン性だけでなく遮光・遮音といったことも必要です。また窓枠のサイズ、窓枠のタイプを確認してサイズを確定します。一緒にレースカーテンも必要なら注文しておきましょう。オーダーは簡単ですが注文に関してはサイズの測り間違いだけは注意しておきましょう。

オーダーカーテンの素材の選び方

オーダーカーテンの醍醐味は素材の豊富さです。既製品は決まった生地が使われて、コストを追求しているので必ずしも生地や素材が良いとは限りません。その点オーダーカーテンなら、こだわりの厚さ、特殊な生地、ラメが入ったもの、防炎機能があるものなど色々なタイプがあります。オーダーカーテンを取り付ける部屋の目的とインテリアを考えて選んでいきましょう。

部屋に合わせたデザインの選び方

ダイニングならドレープカーテンや少し気取ったブラインドカーテンも似合うでしょう。部屋がどんな目的で使われるのかによってもオーダーカーテンのデザインは変わります。重厚な感じを出したいなら、ブラインドカーテンも木目調が良いでしょう。使い勝手を考えた場合、ダイニングは皆が使うのでドレープカーテンが利用されます。部屋に合わせたデザインを選択するなら、目的・機能・インテリア性で考えてみましょう。

広告募集中